気づいたらLINE友達になっていた

「これからも色々話したり相談できる友達でいよう」と言った。

最初のうちは自分に気持ちが残っていたため、連絡を取るのを控えていた。

最近、気持ちにも整理がついてきたし、友達として仕事の相談とかできればと思いLINEをし始めた。

昔からの女友達で、毎日LINEをしてる人がいる。

そんなに沢山の話をするわけではないが、

「おはよう!今日も頑張ろう!」とか、

「1日お疲れ様!」とか、

普通のLINEを送っている。

それに女友達もちゃんと返してくれる。

そんな感覚で元彼にもLINEを送っていた。

10日以上、おはようと一言メッセージ。

でも、そのLINEはずっと既読スルーされていた。

さすがに酷くないかとLINEを送ると、

「仕事が忙しくてLINEを送る気持ちの余裕がない」

「他の人とLINEして」

と冷たく返された。

近々、部下が仕事を辞めてしまうので、仕事量が増えていることは知っていた。

偶然にも自分の部下も辞めてしまうので、彼女の大変さは良くわかる。

そして、誰にも頼らずに1人落ち込んでることもわかっていた。

だからこそ、少しでも話して気が紛れればと思っていたが、元彼に取っては逆効果だった。

余裕がないといっても、他の人とはLINEをしてるのだと思う。

ただ僕とはしたくないだけだと。

元彼が言った友達とはなんだろう。

友達と言う使い勝手のよい言葉で、納得させられていたのかもしれない。

僕には戻る気もないし、未練もない。

ただ、気持ちに余裕がないことを理由にLINEすらしなくなった元彼の心の狭さを悲しく思えた。

彼女のそういう性格は僕は知っていたし、回りの仲間も知っていた。

だから、彼女を良く思わない人もいた。

それでも付き合っていた頃は、頑張っているのだから、回りから色々言われる筋合いはないと励ましてきたが、離れてみれば回りの仲間の気持ちは間違っていなかったのだと思う。

最後に元彼に次の言葉を送ってLINEをやめた。

人に頼ること。

笑顔でいられるくらいの心の余裕を持つこと。

人には優しく接すること。

どんなに大変なときでも、自分が心がけていることだ。

彼女にもこの言葉が届いてくれるといいのだが…

コメントは受け付けていません。